Charlie Lab Megabeat One for Kontakt (SG1108.zip)

Charlie Lab Megabeat One for KontaktはイタリアのCarle Lab社の珍しい音源 Megabeat Oneの波形を贅沢にサンプリングしたKontakt インストゥルメント・パッケージです。

Megabeat Oneは1995年に発売されたAll-in-one Hard Disk Midi Playerというコンセプトの製品。当時としては珍しいハードディスク・ベースのサンプラーによるマルチ音源でMIDI音源モジュールとして使うと共に外部で作成したスタンダードMIDIファイルを読み込みライブで使うという用途の製品。その性質からドラム音源が多彩ではある一方で、GM音源として使えるレベルの音色は一通り揃っています。その中でもROMやRAMの容量を気にする必要が少ないため、当時のPCMシンセと比較するとかなり長めのサンプルを使っており、特に経時変化を伴う音色に魅力的なものが多いです。またハードディスク・ベースであるメリットを生かしてドラムループ、パーカッションループ、ワンショットのヒットものの音源が多彩なことも特徴。当時はハードディスク・レコーディングのオプションもあったもののマルチトラックというわけではなく、フレーズ・サンプラーとしての用途を意識していたのでしょう。イタリアの製品だけあってヒップホップよりもテクノ系に向くサウンドが多く収録されています。

ループ系に強いこの音源の特徴を現代に蘇らせるため、収録されている全てのループについて、きっちりとループポイントを探し、テンポ情報を付加することで、Kontact のTime Machine Proモードを使ってDAW等の外部テンポ情報に合わせてタイムストレッチをするように再プログラムしています。ユーザーの方はKontaktのテンポがEXTモードになっているか確認していただくだけで、自動でDAWのテンポに完全シンクします。

現在でもe-bay等では本機やその後継機種であるMegabeat Plusの中古がたまに出品されていますが、日本ではほとんど出回ることのなかった製品ですので、一味違う音色を追加したい方、90年代のループサウンドを使いたい方には魅力的なパッケージです。ぜひともお試しください。

【収録サンプル数】
1,203WAVサンプル(総容量222MB)

【収録インストゥルメント数】
64バンク448音色(.nkiファイルにて提供)

【動作環境】
Native Instruments Kontak 5(およびその互換サンプラー)

【ファイル形式】
.nkiファイル+WAVEファイルをZip圧縮形式で提供

【使用方法】
任意の場所に解凍していただき、.nkiファイルをダブルクリックするかKontakt 5のブラウザよりご使用ください。

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(196153420 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。